ファクタリングの手続き

ファクタリング後の支払いの流れ

投稿日:2020年4月3日 更新日:

ファクタリング事業者より、申込者が債権(売掛金)の査定額を受け取った後は、売掛先からの入金が確認され次第、ファクタリング事業者に返済する必要があります。

ここでは、ファクタリングのパターンごとの支払いの流れについて紹介していきましょう。

2社間ファクタリングの支払いの流れ

申込者がファクタリング事業者とファクタリングの契約を結ぶ
⇒ファクタリング事業者より、債権(売掛金)に応じた査定額が、申込者の口座に振り込まれる
⇒債権(売掛金)の売掛先企業より、売掛金が無事回収される
⇒申込者から売掛金をファクタリング事業者に返済
⇒ファクタリング契約の完了

売掛金が発生してから実際に回収されるまでの期間は、おおむね2ヶ月から3ヵ月と言われています。ファクタリングは、その間の資金調達方法として使われることが大半です。

3社間ファクタリングは返済のフローが省略される

3社間ファクタリングでは、申込者の債権(売掛金)を、ファクタリング事業者が、売掛先より回収する役割を担う形です。そのため、申込者からファクタリング事業者への返済のフローが省略されます。

ファクタリングに分割払いは存在しない

ファクタリングは、債権(売掛金)に対する査定額を、ファクタリング事業者が申込者の金融機関の指定口座に、前渡金の形で入金するものです。

仮に分割払いでの返済を認めてしまった場合、金利が発生することから、貸付金の扱いとなってしまい、貸金業法違反となる危険性があります。

そのため、ファクタリング事業者への返済には、分割払いは存在しません。くれぐれもご注意ください。

-ファクタリングの手続き

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ファクタリングで発生する様々な費用

ファクタリングでは、ファクタリング業者への手数料の他、様々な費用が発生します。金融機関からの融資と比べて、短期間での資金調達として長けている分、費用も割高になる傾向があると言えるでしょう。 ここでは、 …

ファクタリングの申し込みから返済までの手順

ファクタリングを実行するためには、ファクタリング事業者に、債権(売掛金)の買取を依頼することから始まります。ここでは、ファクタリングの申し込みから返済までの手順を紹介していきましょう。 2社間ファクタ …