〜どちらが副業に向いているか?

不動産仲介業と不動産賃貸業のメリットとデメリット

不動産仲介業のメリットとデメリット

投稿日:

不動産仲介業は、物件の売買契約の締結によって、仲介手数料が得られる業種です。契約数に応じて、高額収入につなげることができるようになっています。ここでは、不動産仲介業のメリットとデメリットを紹介していきます。

不動産仲介業の3つのメリット

1.物件の購入をする必要がない

不動産賃貸業の場合、物件を所有していることが第一条件です。そのため、住宅ローンなどを設定して購入することになります。一方、不動産仲介業は、他の人が売買したいと考えている物件を扱うため、物件を持っていなくても運営することが可能です。

2.仲介手数料を売主と買主の両方から受け取れる

仲介手数料は、400万円超の売却価格の物件の場合、(売却価格×3%+6万円)×1.10(消費税)が上限となります。媒介契約を売主と買主の両方と結んでいる際には、売主からも買主からも仲介手数料を受け取ることが可能です。

3.高額収入の可能性がある

仮に5000万円の物件の売却が成立したとします。この場合の仲介手数料は、(5000万円×3%+6万円)×1.10(消費税)=1,716,000円です。そのことから、売買契約が多く締結されることで、高額収入の可能性があります。

不動産仲介業のデメリット

不動産仲介業のデメリットは、開業および運営するための資金を用意しておく必要がある点です。例えば事務所の賃料や水道光熱費、交通費や物件の宣伝費用、法人として開業した場合には、開業にかかる費用などが考えられます。

-不動産仲介業と不動産賃貸業のメリットとデメリット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不動産賃貸業の持つ3つのデメリット

不動産賃貸業には、安定した家賃収入が得られる点などの優れたメリットがある一方で、デメリットも存在します。ここでは、不動産賃貸業の持つ3つのデメリットについて解説していきます。 デメリット①家賃収入-必 …

不動産賃貸業の4つのメリット

不動産賃貸業は、いわゆる「大家さん」です。多くの物件を持っている方ほど、家賃収入が物件数に比例して、高額となる傾向があります。ここでは、不動産賃貸業の4つのメリットを紹介していきます。 メリット①会社 …