〜どちらが副業に向いているか?

不動産仲介業と不動産賃貸業の違い

不動産賃貸業が副業にも向いている3つの理由

投稿日:2019年5月23日 更新日:

不動産賃貸業とは、所有している物件を貸し出して賃料を受け取る業種です。平たく言えば「大家さん」のことを指します。「大家さん」なので、始める際に必要な資格はありません。しいて言うならば、アパートやマンション、戸建住宅や土地などを所有していることが不動産賃貸業に就く条件です。

不動産賃貸業が副業にも向いている3つの理由

不動産賃貸業は、次の3つの理由から、会社員などの副業としても選択可能です。

・オフィスを構えなくても問題ない
・週末などの休日だけでも対応できる
・定期的な収入が見込める

1.オフィスを構えなくても問題ない

不動産賃貸業は、インターネット環境が整っていて、電話連絡が取れる状況であれば、運営していくことができます。そのため、オフィスを構えなくても問題ありません。自宅などでスタートすることもできるようになっています。

2.週末などの休日だけでも対応できる

不動産賃貸業は、時間の都合がつけやすい業種です。そのため、週末などの休日だけでも充分に対応できるのも、副業向きと言えるでしょう。

3.定期的な収入が見込める

不動産賃貸業の魅力といえば、定期的な家賃収入でしょう。空き室や滞納などのリスクも存在しますが、毎月決まった金額が入るのは大きなメリットです。所有している物件が多ければ多いほど、その分の賃料が自身の口座に入金されます。物件の管理も専門の業者などに任せることも可能です。特に遠方の物件で重宝することでしょう。

-不動産仲介業と不動産賃貸業の違い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不動産仲介業は宅地建物取引士の資格が必要

不動産仲介業は、宅地建物取引士の資格保持者または、宅建の資格を持っている人を雇用することで開業することができます。宅地建物取引士資格試験は毎年実施されており、2019年は10月20日の13時から行われ …